戦争と核(原発)と貧困のない自由な社会をつくる会TOP トップ> 「戦争と核(原発)と貧困のない自由な社会をつくる会」について
index ごあいさつ 会の目的と活動内容 世話人名簿

◆ごあいさつ

ごあいさつ 戦争と核(原発)と貧困のない自由な社会をつくる会
世話人代表 田中甲

 当会は、有志市民が集まり、これからの社会のあり方をトータルで考え、多くの人々を巻き込み、現実に改革を進めていくことを目的とする会です。

 現在、平和、脱原発(自然エネルギー普及)、貧困(社会保障)、環境、農業、人権など様々な分野で、NGOの方々などによる献身的な活動が行われています。また、その一方で、多くの方々が、「社会の、ここを変えるべきではないか?」という思いを持ちながら、それをどこへぶつけてよいのかわからない状況にあります。

 このような、世の中を良い方向へ変えたいという思いを実現する方法として、当会は次の2点を提案いたします。

 一つ目は、各分野で活動している力の結集です。まず、共有する根本の理念の下にそれぞれの政策を体系づけて、「目指す社会像」を作ります。そして、一体となって活動することで大きなうねりを作り、多くの人々を巻き込む運動へとつなげたいと考えています。その手始めとして、「基本構想(いちばん大切なこと)」と「具体的方向性」を作成しました。今後、これらをたたき台にして各分野にまたがる仲間と議論を深め、より具体的な政策案の検討を進めていきたいと思います。

 二つ目は、私たちが自ら政治を担う方向を目指そうということです。特定の人達の意向で動く既存の政治家への提言は実現性に乏しく、志を共にする仲間で実際に政治を担うほうが、遠回りに見えて実は近道ではないか、と考えます。その方法に関しては、今後、会が進展する中で定めていきたいと思いますが、当面、仲間が首長や議員に立候補する場合に支援するという形を取りたいと思います。

 出来る限り多くの方々と共に「目指す社会」の実現に向け、努力していきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

◆会の目的と活動内容

目的
 人々が、心身共に何ものにも支配されない自由な魂を持ち、平和のうちに幸福に生きていける社会を創るため、各分野で活動している人々の力を結集し、国民全体に運動を広め、現実に日本を改革していくことを目的とする。
活動内容
(1) ホームページや会報、メールマガジン、出版物等の発行及び講演会・勉強会を通して本会の理念・政策を広く伝え、世論を喚起し、国民的議論を深め、共鳴する人々を増やす。
(2) 各分野で活動する団体や個人と連携・協力し、共通する理念の下に統一した具体的な政策を作成してその実現に向けて行動する。
(3) 地方議員、首長、国会議員等を、本会の会員が目指す場合、支援・協力する。

◆世話人名簿

  • ・ 田中 甲
  • ・ 佐々木 重人
  • ・ 樋口 明子
  • ・ 丸山 弘志
  • ・ 草場 隆好
  • ・ 大野 忠治
アクセスカウンター
pagetop